介護食の調理にはミキサーが欠かせません

ここ最近、高齢者の間で問題視されているフレイルという状態をご存知でしょうか。フレイルとは、体重の減少・疲れやすさ・歩く速さや筋力の低下などがみられ、何も手を打たないままだと要介護の状態になる可能性が高い状態をいいます。フレイルの状態から、筋肉量の低下「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉などの衰えが原因となって歩くことや座ったりなどの日々の生活がままならなくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、さらには寝たきりの状態につながるとされています。そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。病院食は完成品を丸ごとミキサーにかけた流動食が中心で、見た目も味も美味しいと感じられないものでした。高齢の患者さんの食事があまり好ましい状況でなかったのは決して噛めないことが原因なわけではなく、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、自宅で作る際には料理を丸ごとミキサーにかけるようなごはんは出さないと心に誓いました。病院で摂食嚥下障害を専門に診ている看護師さん自宅に戻ってからどのような介護食を用意すれば良いかと伺ったら、『柔らかければ何でもいいですよ』とだけ言われました。介護食を毎食ごとに冷凍しておくと食事準備に手間取らないと分かりました。介護食の見た目で食欲が出るか、なくなるかは変わってきます。飲み込みやすさや食べやすさばかりを考えて、見た目や味付けが悪いと、食べたくない気持ちが大きくなってしまいます。うまく噛めない方でも口にしやすいか、飲み込むときに無理はないかなどに注意深く気を使っています。年齢とともに唾液も作られにくくなるため、口に含んだときに、口の中が乾いてしまうようなものは食べづらいです。そうは言ってもむせ込みの原因として水分の多さも挙げられるので、口にしやすいものを使って、美味しく食べられるように加工します。怪我や病気に負けない体を作るためにカロリーを、骨格筋の動きの良さを保つために良質なたんぱく質を摂取しましょう。例えば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多く含まれている食材なので、もし肉や魚がうまく食べられない人は、その代わりに卵や豆腐を食べることでタンパク質を十分に摂取することができます。また肉や魚にも卵や豆腐とは異なる栄養素、例えばアミノ酸やビタミン・ミネラルの種類が豊富なので、毎日摂る食品の種類が多い人ほど高齢になっても活動能力が高く、いつまでも健康でいられるそうです。年齢とともに、また病気や怪我などによって固いものが食べづらい、水分が飲みこみづらいといった食事の悩みが出てきます。介護用食品はどれだけ歳を取っても食事を楽しめるために、食べやすさを第一に考えて作られた商品や、少量で栄養を補給できる商品などがあります。ご自宅で介護食を作ることは、介護をする側にとってとても負担が大きいです。介護のための食品は、心休まる瞬間を作る手助けになったり、献立の悩みを解消できたりします。介護を受ける方も、介護をする方も、どちらも幸せになれる介護食品をぜひ使ってみてください。食べることに楽しさが見出せず食べにくさばかりを考えてしまうと、献立を考える楽しさも減り、どれだけ簡単に食事をすませられるかばかり考えてしまいます。そんなときは、身近にある食品をプラスして、少量でも効率よく栄養が摂れるように工夫してみましょう。あまり気分が乗らないとき、おかゆを食べただけで満足してはいないでしょうか。おかゆを作るとき、ごはんより多く水を使うので、そのエネルギーは、たとえごはんと同量だとしてもその半分にも満たないのです。ですからただおかゆを食べるだけではだめで、それ以外に栄養のあるものを加えるようにして、不足しているカロリーと栄養をきちんと補ってあげましょう。口にしやすい介護食を作るため、そして身の回りの世話をする方の食事の用意の負担をできるだけ少なくするためにも、専用の調理器具があるとかなり助けになります。一般的に介護食は柔らかく、口に入れたときに困難なく噛める大きさ、そして食感です。フードプロセッサーは少量の水で食材を細かく刻んだり、ペーストなどのなめらかな形状にまで対応しているため調理するのが楽になります。そしてマッシャーやすり鉢を使えば食材を潰して食べやすくすることもできます。それでもなめらかさが足りないときは、裏ごし器使うことによってそれは解消されます。年齢の変化や病気によってそれまでのように食事ができなくなります。介護食は食べる力が衰えてしまった方のための食事ですが、人それぞれ機能の程度は異なります。問題なく食事をするための目安として介護食は全ての方に合わせてレベルが分けられています。どの程度食べる動作が困難かによって嚥下食ピラミッドを異なる6つの度合いで普通食から嚥下食に分け、各レベルに食物の形態や、やわらかさなどの条件を基準化することで、病院や施設に行くのが難しい方でもご家庭で安全に食事を行うために非常に役立つ目安です。老人ホームの食事は栄養士が栄養管理した献立を作り、丁寧に調理されたものを出していますが、もし噛んだり飲んだりすることが難しい方に対しては、その状態にあった調理方法で提供する必要があります。また各老人ホームによりますが、どんな食材かわからないほど細かく刻まれた食事ではなく、料理の見栄えを大事にしつつすごく簡単に舌を使って食べられる「ソフト食があり、どんなに噛んだり飲んだりする動作が難しい方でも、美味しく食べられる調理法を助言してくれる介護施設もあります。年齢とともに顔の筋肉が下がってきたり歯がもろくなってくると、 飲み込んだり噛むことも満足にできなくなっていきます。昔からよく食べていたものを思ったように食べることが困難になり、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、「誤嚥性肺炎」という食べ物が誤って気管に入ってしまったことが原因でなる病気になってしまう可能性もあります。また、高齢者は一般的に若い頃よりも食欲が低下するため、あまり困難なく食べられるものに絞って食べてしまいがちになり、食事量自体が減ってしまい栄養が偏った状態になっている恐れがあります。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>介護食 宅配