宅配の腎臓病食は味もしっかりして非常に美味しいです

カリウムは水に流出しやすいので野菜・芋類は小さめに切ってから茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、使用する食品の種類や調理の際の水分量・形状・所要時間によって変化が見られます。例を挙げれば、ほうれん草などの葉茎菜類なら45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。もし標準体重が60kgくらいであれば、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。それぞれの食品に含まれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表を参考にしてもらえばよいと思います。栄養士からの食事指導で、これらの蛋白量に関する具体的に応用した食事を作ることも可能です。開業医さんで食事指導が難しい場合は、腎臓内科のある近隣の病院を紹介してもらい、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。日々の食事で得たたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓でろ過され、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増える事になるため、腎臓に及ぼす負荷が飛躍します。腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、全く摂らない訳にはいけません。体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質については性質上分解されると約7~8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負荷が及びます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分に変換した場合30~40gとなります。慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、徐々にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、生の野菜や果物と比べて大概はカリウム含有量が非常に高いです。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、常日頃から野菜ジュースを好んで摂っていると、高カリウム血症を発症する危険が高まります。腎臓病の食事療法の目的は、腎臓病の進行を遅らせることと、健康体のキープとされます。透析が必要無い保存期の間は、食事療法を元に腎不全の急激な悪化を食い止められ、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。更に言えば、透析開始後も、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は大きな意味を持ちます。近年、腎臓の働きが悪くなる方が増加し問題となっています。腎臓というのは背中に2つありそこで尿を作り体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。腎臓の治療はもちろん病院にきてふさわしい治療を受けることも先決ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大事です。日々の食事ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、どのようにして献立を考えたらよいか、さらに食塩の軽減対策などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱく食事療法の基本となりますので、それに必要な紹介や説明もしていきます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩の摂取量を確かめます。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。日中に排出された尿の中の尿素窒素やナトリウムの量を計算することによって、体内へのたんぱく質や食塩の摂取量を理解することができます。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘い味付けの食べ物には思ったより多量のたんぱく質が入っています。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、余分なたんぱく質を摂取する事となります。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個程のたんぱく質が含有されています。CKDの治療には薬物治療と食事療法がメインとなり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。食事療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、蛋白制限食につては腎臓の機能低下を抑える効果が得られています。CKDステージ3の場合、理想とされているのが減塩が一日6g・蛋白制限が体重1kgに対し0.6g、この量は日本人の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、いわゆる蛋白制限食は不味い、栄養が足りないなどという意見で、なかなか実践に踏み切れない方も多く存在します。おすすめサイト⇒腎臓病食 宅配